FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間のように喋る人形(2)

 色鮮やかな緑の道の先にある玄関には、簡単なアラベスク模様が施された白い扉、古めかしいいぶし銀のドアノブ。ただ、鍵穴が何処にも見当たりません。
 でも、旅人が驚いたのはそんな事ではありません。その玄関を有する建物が、さっき見た小さな家ーというより邸ーというより低予算で造られた城ーと色も形も同じだったからです。
「確かにさっき見た城と同じだ。だが、なぜこんなに大きいのだ? さっきはこれくらい・・・」
 旅人は手の平を下に向けた右手を、自分の頭上から真っ直ぐ前に突き出しました。
「・・・の高さだったのに」
 今は、ちょっと背伸びをして、あごを40度くらい上げなければ尖った青い屋根のてっぺんが見えません。
「村に入った途端、気分が悪くなって、しゃがみ込んでいたのは1分半くらいだった。その間にモコモコモコと大きくなったのか・・・? いや、そんな魔法みたいな事があるはずがない。では、私が小さくなったのか? いや、それこそあり得ない話だ」
 旅人は後ろを振り返りました。緑の道が、薄紫の霧の中に溶けるように消えています。
「あそこから入って・・・そういえば、細すぎてわからなかったが、この道はこんな風だった気がする。小さすぎてわからなかったが、パセリもちょりちょり生えていた気がする。間違いない、この光景だった」
 旅人の頭の中は、疑問のかたまりでいっぱいになりました。
「そうか、あの時わたしはどっさり疲れていたから実際より小さく見えたんだ。・・・いや、蜃気楼・・・そうだ、霧の中の蜃気楼・・・よく聞く話だ」
 玄関が開く気配がし、旅人はまだすっきり消えていない疑問のかたまりがごろごろする頭を、そちらに向けました。
 白い玄関の前に黒ずくめの少年が立っていました。仕立ての良さそうな黒いスーツ、フリルのついた黒いシャツ、櫛通りの良さそうなブラウンの髪、グリーンの瞳、育ちの良さそうな鼻筋と口元。身長は170㎝くらいですが、あどけなさが残っているふっくらした頬から、旅人は14~5歳くらいだと判断したのですが、もしかしたら18歳かも知れないし、24歳かも知れません。でも今の旅人にとってそれは、隣のケンチン家の窓にかかっているカーテンが全部ピンクとグリーンのチェック柄だ、という事と同じくらいどうでもいい事でした。
 旅人は両手と両足をきれいに揃え、
「こんにちわっ」
ときれいな発音で挨拶しました。少年はそれには答えず、袖口から指先だけのぞかせた右手でドアノブを握ったまま
「どうぞ」
と軽く会釈しました。

黒いスーツの少年

 疑問のかたまりがまた一つ増えました。
「知らない人が訪ねてきたら、まず名前を訊いてそれから用件を訊くのが普通だろう。親にそう言われてないのか? こうすんなり受け入れられると却って気味が悪い」
 旅人はちょっとためらいましたが、でも大変な思いをしてこの村までたどり着いて、ここで迷っているのも馬鹿馬鹿しい気がしました。
「よしっ!」
 両手のこぶしに気合いを入れ、歩き出そうとして足元を見た旅人は突然
「へえっ!」
と、「え」の部分だけ裏返ったような奇妙な叫び声をあげました。
 泥だらけだったスニーカーが、水で洗われたように綺麗になっているのです。多少くたびれてはいますが、メーカーのロゴもはっきりと読み取れます。3番目の森で突然出現したへこみに気付かず、転んだ拍子に尖った枝に引っかかって出来たジーンズの右膝の破れも、シャツや顔の汚れや傷も、すっかり消えています。
「いつからこうだったのだ? あ、しゃがみ込んでいたあの時か? あの1分半の間に、誰かがわたしの服をはぎ取って洗って乾かしてまた着せてくれたのか? 誰かがすぐ治る傷薬を持って来て無数にある傷口に塗ってくれたのか?」
 疑問のかたまりが増えてパンクしそうになっている頭を両手で抱えて、旅人は「あ」とも「お」とも判別出来ないような声で呻きだしました。
「うぁうぁうぁ・・・」
 少年はさっきと同じポーズで、無表情でこちらを見ています。
「あの少年なら何か知っているはず。きっとすべての疑問に答えてくれるはず」
 旅人は足早に城に向かって歩き出しました。

                                    「人間のように喋る人形(3)」につづく





comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

巴世里人

Author:巴世里人
自称イラストレーターですが、時々人形服をヤフオクに出品しています。過去に出品した作品の中から、ポエム付きのものだけ載せてみました。
「人間のように喋る人形」は人形がテーマの自作小説です。難しい言葉は使ってませんので小さなお子さんにも絵本感覚で読んでいただけると思います。

ランキング
目次
スポンサーサイト
最新コメント
FC2カウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。